2014年08月08日

格安SIM

ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン



ソフトバンクのiPhone4から乗り換えたドコモのT-02Dというスマートフォンの2年契約が もう少しで終わってしまいます。


契約してから2年丁度くらいのタイミングで解約を申し出ないと、解約手数料がたくさんかかったりしますので注意が必要。。



現在このT-02Dをデータ専用プランで契約しておりまして、一か月に4000円くらい支払っています。


別途、通話メインとして N-06Aは現在も活躍中です。




T-02Dのデータ通信プランを解約することを視野に入れて、通信費を安くするために ぷららという会社の通信カード(SIMカード)を購入しました。



これで、月々の支払いは4,000円から1,000円に ガッツリ と下がりますicon12icon14






スマートフォンの中には、SDカードとよく似たかたちのSIMカードというものが入っており、そのカードに電話番号情報や契約情報が記憶されています。



スマートフォンを購入契約したときに、お店の人がそのカードをセットしますから普段は見ることはありません。



そのSIMカードを差し替えることにより、ドコモの契約をやめても通信が可能になります。



私が選んだ1,000円/月のSIMカード(ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン)は、090や080から始まる電話番号で電話をかけることはできません。



通話が必要な人は、日本通信という会社が1,500円/月~のプランでSIMカードの販売をしております。


http://www.bmobile.ne.jp/fd/plan.html






パッケージを開けると「docomo」のロゴの入ったカードがありました。


ぷらら格安SIM




T-02Dは、ドコモのスマートフォンですから、NTT系列のぷららやOCNのモバイルLTEのSIMカードはSIMロック解除とかせずに使えます。




ただし、初期設定が必要です。



1.パソコンでぷららのホームページを開き、説明書にのっとってSIMカードに書いてある 「発信番号」と「端末製造番号」を入力して手続きします。



2.スマホにSIMカードを挿して、スマホの設定画面からAPN(アクセスポイントネーム)の設定を行う。




こんな感じです。




楽天で買い物をするスキルがある人なら、上記設定もそんなにつらくないと思います。



うまくいかない場合は、サポートセンターの電話番号も説明書に書いてありますから安心です。






さて、このような格安SIMの選定ポイントですが・・・・



・電話機能の要否


・通信速度


・通信量(一日当たり、または一か月)


大きくは、この3点です。



どの格安SIM会社も、月々の利用料金はだいたい同じです。



基本、自宅Wi-Fiで使用して、たまに外出先で使いたいという感じなら1,000円/月くらいのプランで十分だと思います。




デメリットは無いのですかik_19



はい、あります。


7000円/月前後の一般的なスマホの契約と比較すると・・・


・通信速度や通信料の制限が大きいこと


・テザリングという機能が使えなくなる場合があること


です。






今回の契約料金をまとめます。


・SIMカード1,000円(アマゾンで購入)


・開通手数料3,240円(ぷららへ支払い)


・今月からの固定費1,000円/月




さて、ご自宅に、機種変更とかで余っているスマートフォンはありませんか?



ドコモのスマホ(iPhone除く)なら、上記くらいの費用で使うことができますよ。



わたしと同じように、電話は電話、ネットはスマホというふうに2台を使い分ける方には激しくおすすめのプランです。






同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事画像
真空断熱タンブラー
iPhoneSEでラジコ
珪藻土バスマット
iOSに移行
iPhoneSE
DXメディアコンセント
同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事
 真空断熱タンブラー (2016-06-25 08:30)
 iPhoneSEでラジコ (2016-06-04 07:46)
 珪藻土バスマット (2016-05-29 07:16)
 iOSに移行 (2016-05-07 08:02)
 iPhoneSE (2016-04-30 08:31)
 DXメディアコンセント (2016-04-23 08:23)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。