2014年08月22日

ウォシュレットの選び方

阪神高速湾岸線


ウォシュレットが壊れたので買い換えました。


ボタンを押しても水とかお湯とか出たりでなかったり・・・


とうとう完全に出なくなりました。。。




で 新しく選んだ機種はこちら


http://panasonic.jp/toilet/product/dl_wf20/index.html


パナソニック 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ DL-WF20



今日はウォシュレットの機能や種類について おおまかに解説します。











まず・・

ウォシュレットとは、TOTOさんの商品名で、他のメーカーでは温水洗浄便座とかいう一般呼称でよばれています。



ただ、ソニーのウォークマンと同じで、他社の同じような商品をウォークマンと呼んでも意味が通じるほど、商品名が一般化しているということです。




話を戻しまして、ウォシュレットの種類は、大きく2つに分かれるようです。



<貯湯式>

・一定のお湯をためておいて、スイッチオンで発射。 お湯が無くなると冷たい水が出てきます。


<瞬間式>

・スイッチオンと同時に、お湯をつくって発射。  長い時間、発射し続けてもお湯が水にかわることはありません。




今まで使っていたのは、貯湯式でした。


だいたい、1分くらいお湯を出し続けると、冷たい水に変わってしまいます。



当時は、このような種類があるのを知らず、ただ、安いってことで買ったのですが、途中から冷たい水になるのが なんでなのかわかりませんでした。




今回、買い替えにあたり、いろいろ勉強したので、少し値段は張りますが、瞬間式のDL-WF20 を選びました。



パナソニックの瞬間式は、細かく「瞬間式」と「W瞬間式」があります。


私が選んだDL-WF20は、W瞬間式で、Wとは、「温水」と「便座」の温めの2つを瞬間的に暖かくするという意味だそうです。



貯湯式に比べてお値段は高いですが、電気代が安くなるということなので これにしました。



まだ、便座が瞬間的に温まる具合を体験しておりません。


寒くなってきたら どんなもんかわかってくるでしょう。。




使った感想ですが、今のところ快適ですik_18



今までは、スイッチ押して出ない時は、コンセント抜いて再起動とかしていましたが、押せば当たり前のように出てくるウォシュレットに感謝です。face02





同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事画像
真空断熱タンブラー
iPhoneSEでラジコ
珪藻土バスマット
iOSに移行
iPhoneSE
DXメディアコンセント
同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事
 真空断熱タンブラー (2016-06-25 08:30)
 iPhoneSEでラジコ (2016-06-04 07:46)
 珪藻土バスマット (2016-05-29 07:16)
 iOSに移行 (2016-05-07 08:02)
 iPhoneSE (2016-04-30 08:31)
 DXメディアコンセント (2016-04-23 08:23)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。