2014年12月20日

カーナビAVIC-ZH0007を一年使ってみて・・・

岩出の夕日

私は、パイオニアのカーナビを使っています。


毎日、一期一会のお客様宅へ向かうため、酷使しています。



AVIC-ZH0007



http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/avic-zh0007/



今日は、約一年使用したこのカーナビの評価をさせていただきます。



え~~


ぶっちゃけ、11年使っていた日産の純正カーナビと全然変わりません。。



仕事で使うための評価ポイントは2つ








一つ目・・・



目的地に到着する時刻がどれくらい正確であるか・・・




仕事で一番気になるのは、あとどれくらいでお客様宅へ到着できるのかです。



時間に遅れそうなら、その旨をお客様に連絡しなくてはなりませんし。。。



AVIC-ZH0007は、目的地をセットしたときに到着予定時刻を計算してくれます。



ナビが計画したルートを真面目に通れば、それなりの誤差(±5分くらい)で到着できます。



が、少しでもナビが最初に考えたルートを外れると到着時刻を再計算します。



到着時刻の再計算は、どのカーナビも標準機能として備わっていますが、目的地まであと1kmを切っているにもかかわらず、平気で目的地まで10分とかいう表示になります。



再計算がヘタクソというか、11年前の日産のカーナビとホント精度が変わりません。








二つ目・・・



11年前の日産の純正カーナビと比較して、新しい道路をたくさん認知しているのは良いことですが・・・・



到底 自動車が通れないような細い道を案内してくれます。



最初は、「へぇ~、こんなところ、車で通れるようになったんやっ~~」って ナビを信じてハンドルを切っていましたが・・・



行ってみると・・・



単車しか通れないくらいの路地とか。。。



人しか通れない路地とか・・・・








ということで・・・



レジャーでたまに使うなら、このナビでも良いと思います。




仕事でバリバリ使うなら 決してお勧めできません。




というか、私のように、過度の期待はしてはいけないというのが結論です。




ちなみに、走行平均速度を30km/hから40km/hに変更したり色々調整をしましたが、到着予定時刻の精度は変化ありません。







あと・・・・




仕事柄、パソコンとナビの反応を比較してしまうのですが、ナビはタッチしてから反応するまでの時間(タイムラグ)が半端ではありません。(かなり遅い)



パソコンで言うと、再安の5万円くらいの安いCPUを積んでいるやつとタイムラグが同じくらいですね。。。





上級機種なら、タッチに対する反応は良いのでしょうか?




最新のナビに過度の期待をしてしまったというのが反省点かな。。。






最後に、良いところをひとつ・・・



携帯電話(N-06A)とカーナビ(AVIC-ZH0007)を無線(Bluetooth)で接続することができます。



電話がかかってくるとナビの画面上に相手先が表示されて、電話をとることができます。



ハンズフリーで通話できて、これは便利ですface01





同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事画像
真空断熱タンブラー
iPhoneSEでラジコ
珪藻土バスマット
iOSに移行
iPhoneSE
DXメディアコンセント
同じカテゴリー(買い物レビュー)の記事
 真空断熱タンブラー (2016-06-25 08:30)
 iPhoneSEでラジコ (2016-06-04 07:46)
 珪藻土バスマット (2016-05-29 07:16)
 iOSに移行 (2016-05-07 08:02)
 iPhoneSE (2016-04-30 08:31)
 DXメディアコンセント (2016-04-23 08:23)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。