2015年11月13日

Windows8 vs windows10

木材町

自分が使っているパソコンの調子が悪くなったので リカバリしました。


症状としては、右クリックをしてもメニューが現れるのに30秒くらいかかるというものです。


それ以外にも タスクマネージャー上で「Rundll32.exe」というプロセスが異常にパソコンに負担をかけていることが判明。。


普段お客様のパソコンをリカバリしたりしていますが、いざ自分のパソコンをとなると かなり面倒に感じますface10



せっかくリカバリするのだからということで、メインで使用しているWindows7以外に同じパソコンの中に、Windows8とWindows10を入れてみました。


いわゆる トリプルブートというものです。


Windows8とWindows10のデータ容量がどれくらい違うのかがわかりましたので記事にしました。






Windows8 vs Windows10


上の写真・・・

Cドライブ Windows10 

Dドライブ Windows8(8→8.1)

Eドライブ Windows7


それぞれの容量を計算すると・・・

Cドライブ 22GB 

Dドライブ 25GB

Eドライブ 84GB

です。


C、Dドライブはマイドキュメント等のデータは入っていませんので ほぼWindowsOSのデータ容量だとお考え下さい。


Dドライブは、WIndows8から8.1へアップデートしたために 少し肥大している可能性があります。


Eドライブは、マイドキュメントデータが約10GBありますので、それを差っ引いてWindowsOSは74GBくらいでしょうか。。


いずれもWindowsUpDateを実施して 今現在(2015年11月)の最新の状態での容量です。



まとめます。。

Windows8、10ともに よく32GB以上の空き容量が必要と案内されていますが、確かにそれで十分のようです。


しかし・・・


リカバリする前のWindows10はすでに40GB以上に膨れ上がっていました。

(インストール直後は15GBくらいで W8.1より10GBも少なかったです)


データ容量が大きくなるひとつの要因として、システムの復元を行うための過去のデータを蓄積していることが挙げられます。


復元データを削除することにより、32GB以内で運用することができますが、放置しておくとすぐに32GBがいっぱいになってしまいます。



ということで、マイクロソフトから提示されているインストール条件(メモリ、CPU、HDD容量)などは ほんとに必要最小限の条件だと考えたほうが良いと思います。




さて、私自身の話にもどりますが・・・


今まではWindows7をメインに使っていましたが、これからは 少しずつWindows10に軸足を移していきたいと思っています。


メールも両方のOSで使えるようにしましたし、エクセルワードも使えるようにしました。



Windows10のパソコンは まだ値段が高いので、今度の春モデルが出たくらいに 今の秋モデルを購入するのがお勧めですface02




購入相談は いつでも 受け付けております。





同じカテゴリー(よくある質問)の記事画像
ランサムウエアへの対処
x803d0013
ホームページの作成と運営
格安SIMでポケモンGO
Windows10 アニバーサリーアップデート
Windows10無料アップグレード終了
同じカテゴリー(よくある質問)の記事
 ランサムウエアへの対処 (2017-05-20 08:28)
 x803d0013 (2017-02-13 07:48)
 ホームページの作成と運営 (2017-02-02 08:02)
 格安SIMでポケモンGO (2016-08-13 15:48)
 Windows10 アニバーサリーアップデート (2016-08-06 09:14)
 Windows10無料アップグレード終了 (2016-07-30 12:57)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。