2009年12月08日

無線LANプリントとは

橋本市


無線LANプリント・・・


最近よく聞く言葉です。


テレビのコマーシャルを見ていると、とっても簡単に便利に使えそうで、どうせ買い換えるなら無線LAN対応の複合機(プリンター)が欲しくなります。


しかし、簡単にできるというのは、あくまでもうまくいった場合の話でして、うまくいかない場合は、多少専門的な知識が必要になりますface07


ただ、せっかく無線LAN対応のプリンター(複合機)をお持ちなのに、その機能を使用しないお客様がたくさんいらっしゃいます。


とてももったいなく思います。




無線LAN対応プリンターを使用するには、無線ルーターが必要です。


そう、このブログにも再三出てくるあの無線ルーターです。


概念的には・・・


パソコンから『印刷』っていう命令を出すと、その命令が無線ルーターに届きます。


命令を受けた無線ルーターは、プリンターに『印刷してね』っていう命令をだします。


命令を受けたプリンターは、印刷作業を実施します。


無線LANプリントとは、俗に言う無線LAN子機が内蔵されたプリンターだと思ってください。




ということで、無線LAN複合機は、パソコンとダイレクトに繋がっているわけではありません。


 (アドホック接続という特殊な設定をすれば、直接PCとプリンタが繋がりますが・・・)


なので、一般的には、無線ルーターを用意して、設定するのがお作法です。



最近、エプソンのEP-802Aという機種が、テレビでコマーシャルしていますが、一点だけ注意することがあります。

この機種(エプソンのこのシリーズ)は、複合機本体の後ろに電源コードを差し込むようになっています。

これが、結構出っ張るんです。

テレビのコマーシャルのように、壁に『ピタッ』と引っ付けて置く事ができません。

毎回設定をしていて、これが気になるところです。

印刷の機能は、epsonもcanonも同等で、とってもきれいで印刷が速いです。

あとは、好みの問題です。






写真プリントなどをメインに使用されるのであれば、上記機種がお勧めですが、印刷品質にはあまりこだわらないのであれば、以下の機種が激しくお勧めです。




キャノン、エプソンは、電話やFAXの機能がついておりませんが、このブラザーのラインナップでは、電話もFAXもOKです。

私は、これの古い機種(MFC-610CLN)というのを使っています。

MFC-610CLNは、無線子機は内蔵しておりませんが、ルーターとLANケーブルで接続しています。

複数のパソコンから印刷をすることができて、とても快適ですface02


 電話、FAXもついでに・・・とお考えの方には、外せない商品です。



同じカテゴリー(無線LAN全般)の記事画像
無線ルーターのアンテナの角度
iPadProでWPS
ファームウエアとは
無線LANの中継器
AOSS vs AOSS2
NETGEAR CG3000D
同じカテゴリー(無線LAN全般)の記事
 無線ルーターのアンテナの角度 (2016-05-14 07:13)
 iPadProでWPS (2015-11-21 07:33)
 ファームウエアとは (2015-08-30 07:10)
 無線LANの中継器 (2015-01-17 08:11)
 AOSS vs AOSS2 (2012-07-27 22:30)
 NETGEAR CG3000D (2012-06-15 20:10)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。