2010年04月25日

Windows VistaでWPS

粉河鯉のぼり

最近の無線ルーターは、『Windows7対応』というシールが貼ってあります。

では、ウインドウズ7対応と書いていない無線ルーターは、接続できないのでしょうか?


いえ。。


全然接続できます^^


すこし、詳しく話しますと・・・


無線の暗号接続規格で、WPSという方式が一般化してきました。


ウインドウズ7は、無線ルーターのWPSというスイッチを押すだけで、無線ルーターと接続することが可能になります。


Windows7に対して、無線ルーターが『ボタンを押すだけでいけるよ』っていう信号を送っているようです。


なので、簡単に接続できたりします。



Windows7対応と書いていない無線ルーターは、このような簡単接続ができず、手動で無線暗号キーを設定しなければなりません。


タイトルのVista という機種は、『Windows7対応』と書いてあるルーターであれば、ウインドウズ7同様にボタン1つで接続が可能になります。


日々の業務の中では、NECのルーターが今のところ一番Vistaにも7にも相性が良いみたいで、手動での暗号設定の手間は少ないですね。





同じカテゴリー(無線LAN全般)の記事画像
無線ルーターのアンテナの角度
iPadProでWPS
ファームウエアとは
無線LANの中継器
AOSS vs AOSS2
NETGEAR CG3000D
同じカテゴリー(無線LAN全般)の記事
 無線ルーターのアンテナの角度 (2016-05-14 07:13)
 iPadProでWPS (2015-11-21 07:33)
 ファームウエアとは (2015-08-30 07:10)
 無線LANの中継器 (2015-01-17 08:11)
 AOSS vs AOSS2 (2012-07-27 22:30)
 NETGEAR CG3000D (2012-06-15 20:10)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。