2010年07月11日

ロケフリ VS リンクザバディ

LF-PK20vsVW-J107W

今回はロケフリ(sony LF-PK20)とリンクザバディ(ツインバード工業VW-J107W )との比較です。

上の写真は、両方を起動して並べたものです。

ロケフリを視聴しているパソコンの画面は、5年前の12インチのモニターです。

一方、VW-J107W の画面は10インチ・・

画面の明るさが全然違いますね。


5年前の液晶モニターに今と同じ輝度を求めるのは無理があるでしょう。。


明るさは確かに違いますが、決め細やかさ(解像度)は、気になるほどの差はありませんでした。



ここで少しおさらいですが・・・


ロケフリ(LF-PK20)もLINK ZABADY(VW-J107W)もワイヤレスでテレビが視聴できる機械です。


ロケフリは、パソコンに専用のソフトを入れて視聴したり、テレビに専用の受信機を取り付けて視聴します。

VW-J107Wに勝るところは、インターネット経由で世界中から和歌山のテレビが見れることです。


VW-J107Wは、専用のモニターで視聴できます。

LF-PK-20に勝るところは、モニターが防水構造になっているので、お風呂でも全然OKなところです。




どちらも発信機と受信機に別れていて、その機器のやりとりは無線で行われます。


発信機はこれ

LF-PK20vsVW-J107W

白い横長のがツインバード工業で、黒い縦長のがソニーのLF-PK20です。

ツインバードの上にちょこんとのっかているのが、今回大活躍する地デジチューナーPRD-BT102-PA1です。



受信は、VW-J107Wは専用のモニターで・・

LF-PK20は、パソコンで行いました。


どちらも快適にテレビが見れることが今回の検証で明らかになりました。





ここからは、少し複雑なお話になりますので、興味のある方は詠みすすめてください。


まずは配線ですが・・

屋根の上のアンテナとPRD-BT102-PA1を接続しました。

PRD-BT102-PA1から赤白黄色のコードで、VW-J107Wへ入力しました。

VW-J107Wの出力端子からLF-PK20の入力端子へ入れました。


LF-PK20は、VW-J107Wを介して、地デジ入力をしたことになります。


ちなみに、VW-J107Wのベースステーションの電源を切った状態でもLF-PK20はパソコンでしっかりと視聴できました。


こうなると こんなことをして見たくなります

AVマウス

PRD-BT102-PA1にロケフリとVW-J107Wの両方のAVマウスを取り付けてリモコンが効くか試してみました。


全然大丈夫ですface02

もちろん、PRD-BT102-PA1はチューナー1つしかありませんから、LF-PK20とVW-J107Wを同時に使用していたら同じチャンネルしか映りませんよ。

しかし、あと一年はLF-PK20に内蔵されているアナログチューナーが使用できるのでわたしは とくに問題視していません。


一年もたてば、またいろんな新しい物が出ていると思いますから・・^^



まとめです。


VW-J107Wの良いところは・・・

お風呂でもOKです。

リモコンも防水仕様

ツインバード工業



LF-PK20の良いところは・・・・

インターネット経由で、自宅以外でも自宅のテレビが楽しめる。。


以上です^^




同じカテゴリー(sony ロケーションフリー LF-PK20)の記事画像
Windows10でロケフリ
TV SideView vs LFA-PC20
Windows8.1でロケフリ
Witv vs LF-PK20
Windows8でロケフリ
DirectXの初期化に失敗しました
同じカテゴリー(sony ロケーションフリー LF-PK20)の記事
 Windows10でロケフリ (2014-10-11 08:06)
 TV SideView vs LFA-PC20 (2014-05-02 00:00)
 Windows8.1でロケフリ (2013-10-25 23:00)
 Witv vs LF-PK20 (2013-05-02 00:00)
 Windows8でロケフリ (2012-11-16 09:31)
 DirectXの初期化に失敗しました (2011-05-01 20:00)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。