2011年08月05日

fonルーターの設定

お父さんグッズ

6月半ばくらいに ソフトバンクさんから電話がありました。

『fonルーターを使ってみませんか?無料で差し上げます』

とのこと。。


訪問先で時々見かけるfonルーター。


小さくて場所とらないけど、うちにはたくさんの無線機がありこれ以上は正直必要なかったのですが・・・


『今なら、お父さんグッズがもらえますik_20


と電話のお兄さんがおっしゃるので、その電話で申し込みました。


お父さん扇風機を期待したのですが、送られてきたのは写真のマグカップでしたik_18



ソフトバンクさんは なぜ このような景品までつけて、無線ルーターをプレゼントしてくれるのでしょうik_19



fonルーターとは・・・

スペインのfonという会社が提供しているサービスです。


無線LANの互助会のようなイメージのサービスです。


fonの会員になりフォンルーターを自宅などに設置します。

そうするとまず自宅で無線LANでパソコンやスマートフォンなどが使えるようになります。

もちろんwi-fiゲーム機もOKです。



次に・・・


たとえば他のフォン会員が 自宅やその近所へ来た時、自分が設置したフォンルーターに接続することができます。


逆に、自分が町を歩いていて、他のフォン会員が設置したフォンルーターの電波をキャッチしたら それを設置者にことわることなく、利用することができます。


世界中にフォン会員が増えれば増えるほど、フォン会員は高速のインターネットにwi-fi接続できる機会が増えるわけです。

これが、fonという会社のコンタンですface02



『自分が設置したfonルーターに勝手に接続されたら、セキュリティ上問題あるのでは?』


 はい、通常無線LAN(Wi-Fi)は、パスワードを設定して使用されますがFONには ありません。


もう少し正確に申し上げますと・・・


FONルーターは 2種類の電波を発信しています。



 FonfreeinternetというSSID(電波の名前)とMyPlaceというSSID(電波の名前)です。


自宅に設置したfonルーターに接続する場合は MyPlaceというパスワードのかかった電波のほうに接続します。

外出先で誰かのfonルーターに接続する場合は FonfreeinternetというパスワードのかかっていないSSIDに接続します。

パスワードがかかっていませんが、Fonの会員である旨の認証が行われますので 会員以外は接続できません。


Fonfreeinternetはいわゆるゲスト用のSSIDで、このSSIDに接続してもネットワークに侵入して他のパソコンやスマートフォンなどに進入することができなくなっています。



『設定は簡単ですか?』


 はい、今現在 自宅でインターネットを利用している人であれば大抵の場合、インターネットの端末(CTUとかルーターとかホームゲートウエイとか)とコード(LANケーブル)をつなぐだけでOKです。


(大抵じゃない場合・・・パソコン一台の利用で モデムはあるけど、ルーターが無い場合)



fonルーター

写真のように、左の地球のようなマークが緑色に光ればOKです。


なお、お父さんグッズは、fonルーターをもらって、実際に使用していることが確認されてから送られてきます。

私の場合は、ルーターを設置してから約一ヶ月半くらいでした。

同じカテゴリー(スマートフォン&more)の記事画像
格安SIMでポケモンGO
T-02Dでポケモンgo
iPhoneSEでラジコ
iOSに移行
スマホ実質0円に思うこと
T-02Dで格安スマホのその後
同じカテゴリー(スマートフォン&more)の記事
 格安SIMでポケモンGO (2016-08-13 15:48)
 T-02Dでポケモンgo (2016-07-23 08:38)
 iPhoneSEでラジコ (2016-06-04 07:46)
 iOSに移行 (2016-05-07 08:02)
 スマホ実質0円に思うこと (2016-04-09 08:26)
 T-02Dで格安スマホのその後 (2015-05-09 06:53)

この記事へのコメント
で、使用料はいるんですよね

機器は無料でも…
Posted by チェリー at 2011年08月06日 07:03
Fonルーターは、iPhoneもしくはソフトバンクのWi-Fi携帯を持っている人へのプレゼントなのです。

fonルーター自体の使用料はいりませんよ^^
Posted by 田中武 at 2011年08月06日 07:23
広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。