2011年11月18日

PSP vs PSVITA

赤坂

来月(2011年12月)にPSVITA(ぴーえすびーた)が発売されます。

http://www.jp.playstation.com/psvita/

私は てっきりPSPの後継機で、PSPは無くなるものだと思っていましたが、ホームページを見るとそうでもなさそうで、PSVITAとPSPは共存するような感じですね。



PSP(プレイステーションポータブル)とPSVITA(プレイステーションビータ)の違いを見てみたいと思います。




細かい話をすればキリがありませんが、大きな違いを2つあげてみます。


一つ目は・・・


液晶画面がタッチパネル操作が可能になりました。


PSPにはタッチパネル機能がありませんでしたが、今回のPSVITAは、Nintendo Dsの下画面と同じく、タッチパネル操作が可能になりました。

でも、Dsのように 画面を突っつく棒は付属していないようです。


今後、タッチパネルの操作を生かしたゲームが今後たくさん発売されると思います。

Dsでのみ発売されていたゲームもPSVITA用として出てくる可能性もありますね。



さて、もうひとつの違いは・・・


いつでも何処でもインターネットに繋がっていられる機能つきのラインアップがあります。


PSPは、自宅やPSPスポットで無線LAN(Wi-Fi)でネット接続するしかありませんが、PSVITAは自力でネットに接続できる機種があります。

NTTドコモの携帯電話回線(3G)を利用してネット接続できます。もちろん、従来のWi-Fi接続も併用できます。

まぁ NTTの携帯電話が圏外のところでは無理ですが、圏内であれば どこでもオンライン出来るのです。


とてもすばらしい機能ですが、この機能を利用するためには NTTDocomoに通信料金を払わないといけません。


あと、この3G回線は激しいオンライン対戦には向いていないと思います。

3G回線は通信速度があまり速くないので、相手が光回線のWi-Fi接続だったりしたら、確実にやられてしまいます。


では、何のために3G回線が使える機能があるのですか??


 はい、パソコンと同じようにインターネットの画面が見れたりします。


これは、PSPでも可能でしたが、PSPの場合は Wi-Fiでどこかのネット回線に接続していないと無理なのです。


3G回線の機能をもっているVitaは、電車の中でもバスの中でも ヤフーとか見ることが出来るのです。


このようにPSVITAはPSPに劣るところはありません。

PSP用のゲームソフトもPSVITAで遊べるように配慮されているようです。


PSPと併売する意味が無いように思えてきますが、世の中にはまだまだネット環境が行き渡っていない地域などがあり、その場合は、ゲームカセットを本体に入れて使用するしかないのです。

そういうユーザーのためにPSPは今後も併売されるのだと思います。




同じカテゴリー(Sony PSP)の記事画像
PSPインターネット接続方法 Part2
PSPインターネット接続方法 Part1
PSPがネットに接続できません。
PSP-3000でロケフリを使う
PSPのインフラストラクチャーモード、アドホックモードとは?
PSPでテレビを見る
同じカテゴリー(Sony PSP)の記事
 PSPインターネット接続方法 Part2 (2013-02-22 08:12)
 PSPインターネット接続方法 Part1 (2013-02-15 08:34)
 PSPがネットに接続できません。 (2009-05-08 06:55)
 PSP-3000でロケフリを使う (2008-10-16 09:23)
 PSPのインフラストラクチャーモード、アドホックモードとは? (2008-04-20 06:29)
 PSPでテレビを見る (2007-08-10 08:10)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。