2012年06月08日

WiTVというロケフリ

段々畑

インターネット接続のサービス業者(ISPとかプロバイダといわれます)にビッグローブという業者があります。

NEC系列の会社です。


このたび、Biglobe(NTTの光回線)に新規申し込みすると ロケフリプレゼントというキャンペーンが打ち出されました。


ロケフリを使用すると、世界中のどこからでも 機器の設置場所で受信できるテレビ放送を視聴できます。


たとえば、和歌山の実家にロケフリを設置すると 地球の反対側のブラジルでも、テレビ和歌山がみれます^^



http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2012/06/120601-1



海外出張や海外駐在の方にはとても素晴らしいサービスです^^




http://m-witv.com/html/product01.php?pagenum=1&snum=1&lang=_jpn


キャンペーンに申し込むには、NTTのフレッツ回線を新規に契約する必要があります。

・ADSLから光へ

・他社回線(eo光とかjcom)からの乗り換え

上記のようなかたは、チャンスです。




biglobeさんからのプレゼント商品は CVS-150CAという機械です。

どうやら韓国のCOSTELという会社のもののようです。


元祖ロケフリはソニーの LF-PK1とかLF-PK20です。

今は販売終了となっておりまして、入手するならネットオークションで15000円くらいが相場です。






一方、現役で販売されているのは、イーフロンティアという会社が輸入窓口となっているSlingBoxProHD

http://www.e-frontier.co.jp/slingbox/


大体3万円くらいの価格です。



映像の品質はSlingBox(スリングボックス)のほうが良いと思いますが、Biglobeさんのキャンペーンでは、CVS-150CAに加えて、無線ルーター(親機)とイーサネットコンバーター(子機)もセットでプレゼントだそうです。





接続のイメージはこれです。

CVS-150CA


難しい配線や初期設定も無料で訪問サポートしてくれるそうなので、とりあえずロケフリを体験したい方には 素晴らしいキャンペーンだと思います。





注意することは・・・


・CVS-150CAにHDDレコーダーや地デジチューナーを接続しないといけないのですが、その機器は各自用意しなくてはなりません。

・アンドロイドタイプのスマートフォンでしか視聴できません(iPhoneは非対応)




最近のスマートフォンとかは、ワンセグチューナーがついていますので 無理にこんな難しい機器をセットする必要はないかもしれません。

海外からの視聴に威力を発揮するサービスだと思います。




結構 大雑把に記事を書きましたので、不明点ございましたら 書き込みお願いしますface01



同じカテゴリー(その他)の記事画像
Windows10無料アップグレード終了
選挙について思うこと
EW-M660FT
アクアにハイオク
炊飯器ケーキ
祝!あちこち開通
同じカテゴリー(その他)の記事
 Windows10無料アップグレード終了 (2016-07-30 12:57)
 選挙について思うこと (2016-07-10 07:20)
 EW-M660FT (2016-02-20 16:59)
 アクアにハイオク (2016-02-06 08:04)
 炊飯器ケーキ (2015-12-25 18:16)
 祝!あちこち開通 (2015-09-20 07:16)

広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。