2013年03月22日

本日発売 Slingbox350

紀三井寺

いよいよ本日、Slingbox350が日本で発売されます。


このブログのメインテーマである、テレビの遠隔視聴をかなえる重要なアイテムです。



この春から、仕事で海外赴任される方・・・


赴任先で日本のテレビを見る手段は検討されていますでしょうか?



Sonyのロケフリや、このスリングボックスがあれば、日本の自宅で見ているテレビや録画した放送を世界中のどこでも見ることができます。



最近、この手のテレビの遠隔視聴機器がグッと増えてきまして、どれを選んだらよいのかわからなくなってきました。。



今日は、Slingbox350とひとつ前の機種、Slingbox Pro HDを比較してみたいと思います。




Slingbox Pro HDが発売されたのが、2011年の2月。。


約2年前です。


2年でのモデルチェンジとは、この手の商品では速い方かもしれません。。





で、Pro HDと350の大きな違いは 2つです。


ひとつは、画質が良くなったこと。(まだ検証していません)


もう一つは、Pro HDに比べて 小っちゃくなったことです。


今回の350も独特のデザインですが、以前のデザインもすごくインパクトがありました^^



ここでおさらいですが、


・SlingBoxを利用するためには、インターネット回線が必要です。

・インターネット回線は、Slingを設置する日本側と受信する海外側両方とも必要です。

・インターネットの通信速度は、できるだけ速い方が映像や音声が途切れにくいです。

・Slingboxは、パソコンでもスマートフォンでも視聴が可能になっています。



メーカーの公式サイトはこちら


http://www.slingbox.jp/index.html



日本での輸入販売窓口はこちら

http://www.e-frontier.co.jp/onlinestore/products/SMSBX1H111E1.html





あと、ご質問いただく中で もっとも多いのが・・・


  「Slingだけあれば、テレビが見れるのですか?」って内容です。




Sling自体は、地デジやBSのテレビチューナーを内蔵していません。

よって、Slingとテレビチューナー(HDDレコーダー等)を 赤白黄色や緑青赤のコードで接続して使用します。



アンテナ<==>テレビチューナー<==>Slingbox<==>ルーター(CTU)====>外出先、赴任先のPCorスマホorタブレット


というような接続になります。




さて、紀の川ネットでは、スリングボックスの設置設定サポートを行っております。


・難しい話は別にして、とにかくスリングを使いたい方

・自分で設定してみたけどうまくいかない方

・設定したけど、なんかおかしいって方

・現在海外赴任中で 日本の実家にこのような機械に詳しい人がいない方


訪問サポートのご依頼をお待ちしております。





追伸:

4インチ程度のスマホで利用するのであれば、ひとつ前の機種(ProHD)でも十分きれいに映りますよ。

新機種が発売されて、今はかなりお買得になっています。






同じカテゴリー(イーフロンティア Slingbox 350)の記事画像
ネットバリアベーシック
同じカテゴリー(イーフロンティア Slingbox 350)の記事
 ネットバリアベーシック (2013-04-11 07:23)

この記事へのコメント
こんにちわ
今タイに居るのですが、スリングボックス350を買ってきました。
接続したのですが、チャンネル表が出てきません。
このスリングボックスは日本のチューナーに接続していないと日本の番組は見れないのでしょうか?
当方はタイにすんでおり、タイのチューナーにスリングボックスを取り付けてTVに反映させたいと考えております。
この場合、どのようにしたら観れるのか?
ご指導頂けますか?
Posted by チャンクラン at 2013年06月21日 13:14
チャンクランさん はじめまして!

えっと・・・

日本のテレビを見たいということであれば、スリングボックスは日本に設置しないといけません。


タイにSlingBoxを設置した場合は、タイのテレビが見ることができます。

チャンネル表(番組表)に関しては、接続したチューナーにチャンネル表を表示する機能があれば、スリングボックスのリモコン設定で表示することができますよ。


参考になりましたら幸いです。
Posted by 田中武 at 2013年06月22日 06:49
広告および記事に関係ないコメント類は承認いたしません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。